ネスタリゾート神戸は口コミ評判最悪のがっかり施設?2019年のお盆に実際に行ってみた感想。

関西に帰省中、兵庫県にあるネスタリゾート神戸に行ってきました。
行く前にちょっと心配だったのが、あまり良くない口コミを目にしたこと。

ですが、実際に行ってみたら、口コミは当たっている部分もありましたが
当たっていない部分もありました。

実際に行ってみての感想をセキララに書きますね!

 

目次

 

ネスタリゾートでがっかりしたこと5つ。

 

関西に行ったらびっくりしました。
ネスタリゾート神戸のCMがバンバン流れているし、
野球のテレビ中継を見ると、
バッターボックスの一番いいところに広告を打っています。

ここでちょっと不安になりました。
評判がただでさえあまり良くないのに、
キャパ以上の人が来て、さらに不満を感じるお客さんが増えるんじゃないの・・・?

 

行ってみたらやっぱり嫌な予感は的中して、
がっかりしたことが5点ありました(多いね!)。

それぞれについて書いていきます。

 

①フリーパス(入場料)売り場がややこしい。

 

ネスタリゾートについたら、まずゲートでフリーパスの入場料を払う・・と思いきや、
入場料はそこでは払えません。

ゲートでは駐車料金しか払うことができず、
入場料を買うには、車でプールの横まで行くように指示されます。

これが不満ポイント1点目!
入り口ゲートで入場料も買わせてほしい。

車でわざわざプールの横まで行くのが手間です。
どうして入り口ゲートで買えないんでしょう・・・。

 



 

②スタッフさんの説明が適当すぎる。

 

入り口ゲートで入場料が買えず、
プールのところまで移動したら見えてきたのは、長蛇の列!!!
(しかも全然進んでいない)。

混雑,ネスタリゾート神戸

1キロはあるんじゃないのかという長い列ができていました。

ですが、列の人達は水着を着ていたり、
浮き輪を持っていたり、どう見てもプールの利用客。

うちはプールは利用しないからこの列に並ばなくてもいいんじゃないのかなと思って
そばにいたスタッフさんに聞いてみました。

そしたら、

「プールを利用されないかたでも同じように並んでいただいています〜。」

とのこと。

ホントかな〜と思って別のスタッフさんに聞いてみたら、
プールを利用しない人はこの長蛇の列に並ぶ必要はないらしいです。

スタッフさん、ちゃんと正しい情報を教えて〜。

 

ネスタリゾート神戸,チケット

ほとんど並んでいないプール横のチケット売り場で、
あっさりとチケットが購入できました。

 

③最初から税込みで料金を書いておいてほしい。

 

事前に調べて行ったら、フリーパス入場券のチケット代は大人3300円、
子供2300円とありました。

その計算で入場券を買おうと思ったのですが、なんと、
3300円と2300円は税抜き価格でした。

実際にはそれに8%の消費税が上乗せされたので、
想定していたよりも高かったです。

本当にちょっとしたことですが、
リゾート施設の入園料は最初から税込みで書いておいてほしい!

東京ディズニーランドもひらかたパークも東条湖おもちゃ王国も、
テーマパークはたいてい税込み価格で料金を書いているのですよね。

そこはまわりと合わせておいたほうが、
お客さんの不満につながらないと思います。

しかも、消費税が上乗せされると金額が細かくなるのがなんかイヤ。
多少繰り上げていいので、最初からキリがいい税込み価格にしておいてほしいです。
(細かいですが)。

 

④スタッフさんが適当その2

 

今回、施設全体を通して、スタッフさんが適当だなと思った点が
いくつかありました。

園内の無料バスを待っていたのですが、
バスの運転手さんがバスを停めた場所の関係で、
最初から待っている人が最後にバスに乗ることになってしまっていました・・・。

ちゃんと並んでいた人は暑い中がんばって待っていたので、
そこはちゃんと配慮してほしいです。

 

⑤混み過ぎ。

 

プールが、人だらけでした。
うちはプールには行かなかったのですが、
ものすごくたくさんの人がいました。

お盆中のスライダーは2〜3時間待ちだったそうで、
しかもファストパスのお客さんを優先して列がほとんど進まないそうで、
これは不満も増えるだろうなと思いました。

 



 

その後のスタッフさんの対応。

 

 

何人かのスタッフさんにがっかりさせられましたが、
ネスタリゾートには良いスタッフさんもたくさんいました。

 

間違ったことを教えたスタッフさん

最初に、並ぶ列を間違えて教えたスタッフさんのことを
別のスタッフさんに言ってみました。
(ほかにも間違えて伝えられる人が出ないようにです)。

そしたら、

「すみません!よく注意しておきます。
何度も言っているんですがなかなか覚えなくて・・・。」

と何度も謝ってくれたので、
これで最初の不満は多少解消しました。

最近はちょっとキツく言うとすぐにパワハラとかの問題になったりするので、
スタッフ指導も大変なのかもしれません・・・。

 

アスレチックのスカイジャングルで助けてくれたスタッフさん

 

この記事にも書いていますが、
地上5メートルの高さのアスレチックは予想外に怖くて、
8歳の上の子がすっかりこわがってしまっていました。

そのときに、颯爽と助けに来てくれた優しいスタッフさんがいました。

そのスタッフさんは優しくサポートしてくれて、
怖がっていた上の子の気持ちをほぐしてくれて、
あれほど怖がっていた上の子が、
最後は「今度もう一度やりたい!」と笑顔で言うまで
すっかり楽しむことができました。

 

そのことで、ネスタリゾートのスタッフさんのイメージが
とっても良くなったのです。

やっぱり子供に優しくしてもらえると嬉しいというのと、
一人でもいいスタッフさんがいると印象は良くなるなと思いました。

 

 

結論。ネスタリゾートって実際どうなの?ネスタリゾートを楽しむ秘訣。

 

実際に行ってみての結論ですが、
確かにいろいろとがっかりした点はありますが、
スカイジャングルとバギーは楽しかったですし、
親切なスタッフさんもいたので、総合的には楽しめました。

以下にネスタリゾートを楽しむ秘訣を書いてみます。

 



 

ネスタリゾートを楽しむ秘訣

 

ネスタリゾートを楽しむ秘訣ですが、
まわるアトラクションをしぼるというのが一つかなと思います。

30種類以上のアクティビティがあるということで
いろいろ体験したくなりますが、
小さい子連れだとあまりたくさん回ると疲れてしまいます。

子供が疲れてしまうとぐずってしまって、
それを見たこっちもイライラするという悪循環になってしまいます。

 

とりあえず、プールはなしで。
ちらっと見えましたが、すごい人でした。
私の場合ですが、人がいっぱいのプールは本当にストレスなのですよね・・・。
他の人はどうなんでしょう。
人が多い中で他の人とぶつからないように遊ぶのストレスじゃないですかね??

それに、プールを楽しみたいならわざわざネスタリゾートじゃなくてもと思います。
関西には神戸の六甲アイランドのデカパトスとか、
西宮市の温泉付きプールのリゾ鳴尾浜、
大阪には新世界のスパワールドなど、
プールに特化した施設がたくさんあります。

 

また、カヌーや動物ふれあい体験、野菜収穫もなしで。
カヌーをやるならもっと本格的なところで体験したいですし、
動物ふれあい体験も野菜収穫も、わざわざネスタリゾートじゃなくてもと思います。

 

せっかくなら、ネスタリゾートでしか体験できないことをしたい!

ということで、空中アスレチックのスカイジャングル。

ハイコースもローコースも楽しいですし、
ジップラインも楽しそうでしたし、
8メートルの高さから飛び降りるミニバンジージャンプはスリル抜群でした。

スカイジャングルのレポはこちらからどうぞ。

 

それとバギー。
整理券がいるものは早々になくなってしまったみたいですが、
整理券がいらないものに関しては、
今回行ったときにはお盆でも5分と待たずに乗れました。

バギーの待ち時間は売店などで確認できますので、
待ち時間を確認して行かれるのがいいと思います。

 

減点法よりも加点法で。

 

最初に「アレもコレもやろう」と思っていると
できなかったときに減点法になってしまいますが、

最初から「アレだけできればいいかな。」とハードルを低くしておくと、
それ以上になにかできたときは加点法になって
満足度が上がるのではないかと思いました。

せっかくお金を払うなら満足したいものです。

 



 

ということで、
入場料だけで30種類以上のアクティビティが楽しめるネスタリゾートですが、
最初からハードルを低く設定して、1つでも楽しめたらラッキー☆ぐらいの気持ちでいくのが
いいのではないかと思います。

あと、スタッフさんが適当かもしれないので覚悟しておきましょう。
キャパ以上の集客をしているのでしょうがないですね。

これに関しては残念ですが、
スタッフさんが素晴らしいと噂の東京ディズニーリゾートは
入園料もネスタリゾートの2倍以上ですからね・・。
この価格差はアトラクションの差だけじゃなくて、
スタッフさんの教育なども込みの価格差だと思います・・。

中にはネスタリゾートでも素晴らしいスタッフさんがいます。
そのときはラッキーですね。

 

 

ということで、ネスタリゾート神戸に実際に行ってみてのレポでした。

不満の声を見ていると
「CMと違う」「しょぼすぎる」「待ち時間長過ぎ」「スタッフさんが案内してくれない」
などがありました。

当たっているものもありますので、
ネスタリゾート神戸に行く際には、
限りなくハードルを低く設定しておくといいと思います。

 

ネスタリゾート、我が家はとっても楽しかったですよー。

 

ネスタリゾート神戸の公式サイトはこちらからどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です