子連れで台湾旅行、高雄の観光はあまりおすすめしない理由とは?

今年の夏は小3と小1の子供たちを連れて台湾の小琉球という離島に行ってきました。

今回は途中で立ち寄った高雄について書いていきますね。

 

目次

 

台北から高雄への行き方。新幹線で行きました。

 

台北から高雄へは新幹線で行きました。

桃園空港の入国審査はめちゃめちゃ時間がかかると聞いていて
ドキドキしていましたが、実際は全然大丈夫でした。

【2019年夏】桃園空港の入国審査の時間は長い?混雑はどのぐらい?・台湾子連れ旅行記

 

入国審査が終わって、ATMでお金もおろして台湾の新幹線へ向かいます。

ちなみにうちは速さ優先&鉄道好き男子2人(主人&息子)が新幹線に乗りたい
と言ったので新幹線でしたが、実際は鉄道やバスでも行けます。

でも短期旅行者には新幹線がおすすめです。
時間がなによりも大事なので。

 

まずは桃園空港駅から地下鉄(MRT)で新幹線の桃園空港駅へ行きます。

 

MRTでは切符じゃなくてコインが出てきます。

 

改札ではコインを投入。

 

コインを買うときは券売機(コイン売機?)で日本語が選べるので
普通に買えます。

ちなみに子供料金はなく大人子供一律です。
115センチ以下または6歳未満は無料です。

 

 

新幹線の混み具合ですが、高雄から台北はこちらに書いていますが、
台北から高雄も平日はそんなに混んでいませんでした。

 

日曜日の高雄から台北への記事はこちらです。

【2019年版】高雄から台北までの新幹線の土日の混雑具合は?自由席には座れる?台湾子連れ旅行記

 

台北から高雄へは、台北に着いてから指定席をとったのですが、
約一時間後の席がとれました。

 

新幹線では、台南から乗ってきた現地のかたが小3娘の隣にすわったのですが、
台湾語のテキストの本を見ている娘に話しかけてくれて、
台湾語のテキストの発音とかを教えてくれたりしてとっても親切だなと思いました。

 

 

 

ちなみに台湾語と中国語は、漢字は同じですが発音が違います。
また、漢字字体も中国では簡易的な漢字を使っていますが
台湾では昔ながらの難しい漢字を使っています。

 



 

高雄での食事。屋台(瑞豊夜市)は定休日でした・・・(泣)。

 

高雄での夕食は海鮮レストランで。

高雄に夕方6時頃到着。

台湾は夜市が有名です。
高雄に瑞豊夜市というこぢんまりして昔ながらの夜市があるとあったので
夕飯はここで食べようと思っていたのですがなんと、

定休日でした。ざんねん・・・・・。

月曜日と水曜日が定休日のようです。
屋台で的当てとかのゲームを楽しみにしていた子供たちもがっかり。ごめんねー。

 

しかたがないのでそこから別のレストランを探します。
安くて美味しいという評判のお店「深海釣客」に来てみました。

 

 

なんか高級そう。
内装も凝っているし、なによりお客さんがあまりいません。
ちょっと不安・・・。

 

高級そうな食材。

 

あまりにも高かったら、このお店はやめておこうか・・と思ったのですが、
メニューを見ると意外と安い!

チャーハンや焼きそば、お店イチオシの鍋やビールも頼んで
全部で3500円ぐらいでした。

 

エビ入り焼きそば。

 

小エビ入りチャーハン。

 

お店イチオシ海鮮鍋。

 

お鍋で鯛をしゃぶしゃぶします。

 

美味しかったし、お店の構えの割に安くて良かったです。
クレジットカードも利用できました。

お店はこちら。深海釣客。(サイトは中国語です)

営業時間はたぶん11時〜14時と17時〜22時でたぶん無休です。



 

ホテルはbooking.comで予約。

 

泊まったホテルは路地裏を通るわかりにくいところにあります。

 

ホテルは清潔感がちょっと問題だったのでもう泊まらないかな・・・。

ちなみにホテルはすべてbooking.comで予約しました。
予約だけ日本でできて、支払いは現地なので安心です。

【Booking.com】世界のホテル割引予約

今回は瑞豊夜市から歩いて行ける場所のホテルで予約しました。
駅からはタクシーがあるので、
ホテル自体が夜市とかの観光地に歩いて行ける便利な場所にあるところがおすすめです。

評価は10点満点なのですが、できれば8.5以上を選ぶのがおすすめです。

 

 

翌日の朝食

 

翌日の朝ご飯は近くの屋台で買ったものを食べました。
台湾は屋台が充実しているので朝ご飯とかもそこで食べられますし
テイクアウトもできます。

日本でも屋台があるといいのになと思います(^^)。

 

揚げパンとか餃子とか大根モチ。
どれも美味しかったです。

 



 

高雄観光。有名な蓮池潭や美麗島駅も見たけれど。

 

朝食を食べたらさっそく観光へ出発。

せっかく高雄にいるので観光しました。
スーツケースは新幹線高雄駅のコインロッカーへ。

 

高雄といえばここ、という蓮池潭に行きました。

 

蓮池潭観光はちょっとがっかり・・

 

蓮池潭は池に塔が2つあって、手前に虎型と龍型の入り口があります。

 

 

まずは龍の入り口から入っていきます。
(後から書きますが虎が入り口で龍が出口です)

 

龍の中はこんな感じ。壁には孔子とか昔のえらい人たちがたくさん。

 

塔には登れます。登って隣の塔を見たところ。

 

虎を上から見た様子。ハリボテ感がいなめない・・・。

 



龍の後ろ姿。

 

塔内部の階段の天井。

 

龍や虎はいろんなところにいます。

 

最後に虎の出口から出てきます。

 

 

この蓮池潭は龍の口から入って虎の口から出るといいそうです。
龍は縁起が良くて虎は縁起が悪いから、
龍から入って虎から出ると悪運が払われるとか。

ですが、うちの子たちは上が寅年、下が辰年なのですよね。
一方が良くて一方が悪いって伝えづらいなと思いました。

なんで虎は縁起が悪いんだろう??

 

また、虎と龍はなんだかハリボテ感があるなと思いました・・。

めちゃめちゃ暑かったし、良さがあまりわからなかったし、
蓮池潭はもう行かなくていいし、人にも勧めないかな・・・。
歴史の重みもあまり感じられなかったし。

(ぼろくそに言ってすみません。主観なので・・・。)



 

蓮池潭の向かいにある寺院で軽くお参り。
ここにお店があったのでフローズンを食べました。
暑かったので生き返ります。

 

台湾のお寺はとってもきらびやかです。

 

ここから近い北極玄天上帝像(高さ22メートル、東南アジア最大級の水上神像)
も見ようかなと思っていたのですが、あまりにも暑過ぎたのと、
蓮池潭のクオリティを見てしまったので、もういいかなと思って割愛しました。

 

 

世界で最も美しい駅ランキング二位の美麗島駅へ。

 

高雄観光、次は「世界で最も美しい地下鉄駅ランキング二位の美麗島駅」に行きました。
2014年にニューヨーカーが選んだランキングだそうです。

楽しみにして行ってみましたが・・・・・。

 

 

確かにきれいなんですが、
本当に好みの問題なのですが、
私は元々アウトドア派なので、自然のものが一番大好きなのですよね。

美麗島駅は確かにきれいだったけど、
1回見たらもう行かなくてもいいかなー。
(1回も見なくてもいいかも。)

やっぱり人工物が自然の美しさを超えるのって難しいなと思いました。

辛口で本当にごめんなさい・・。

 



 

ランチはなんとケンタッキー。

 

次は高雄でのランチです。
ランチは高雄の駅ビルで食べることになりました。

やっぱり台湾はグルメの国というイメージがあります。
美味しいものたくさん食べたい。

小籠包に本場のタピオカミルクティー、おかゆも美味しそう、あーなに食べようと
思っていたらなんと・・・。

 

「おかーさん、ケンタッキーがあるよ♡」

 

は?ケンタッキー?そんなの茨城の田舎にもありますが?

 

「ケンタッキーが食べたいよう〜。」

 

子供たち、台湾でまさかのケンタッキーご所望。

 

「俺が子供たちと一緒にケンタッキー行くから、好きなもの食べておいで・・。」と
主人が言ってくれて、子供たちはケンタッキーで、
私は好きなものを1人で食べることになりました・・・。

 

嬉しそうにケンタッキーを食べる下の子。

 

 

私は別のお店で肉まん&タピオカミルクティーを注文しました。

写真がないですが、肉まんがとってもふわふわで美味しかったです。

 

主人にもタピオカミルクティーを少しあげました。
主人はタピオカミルクティー初体験。
「ミルクティーはめっちゃ美味しいけどタピオカはいらない」だそうです(^^;)。

 

 

ちなみに、高雄以外でも子供たちは「おにぎり食べたい」とかの
フリーダム発言満載でした・・・。

現地のものを食べればいいのに(^^;)。

 



 

 

以上、高雄観光記でした。

あまり良いことを書いていなくてすみません。

小琉球に行くついでじゃなくてもっとゆっくり観光したら
本当はいいところなのかもしれません。

 

ですが、高雄はもういいかな〜。

 

好きな人すみません!

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

台湾のほかの記事もぜひ読んでください。

 

台湾の国立故宮博物院は子供でも楽しめる?見どころは?実際に小学生の子連れで行ってみた感想。2019子連れ旅行記




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です