タイヤの膨らみの原因は「ピンチカット」。放置するとバーストの危険があります!

先日、歯医者さんに行ったのですが、
終わって車に乗ろうと思ったら、タイヤにふくらみができていました。

それは「ピンチカット」という症状で、そのまま走り続けるとバーストの危険があります。
解決法はタイヤ交換以外にありません。

タイヤ交換代が痛かったので、この体験が少しでも誰かの役に立つよう
原因や対処法などを書いていきますね。

 

目次

 

車のタイヤ側面にふくらみが。危険度はどのぐらい?

 

今月の初め、歯医者さんにいって終わって帰ろうと思ったら、
いつの間にかタイヤの側面の一部がふくらんでいました。

 

ピンチカット

 

なにしろタイヤなので、安全面が心配です。
なんだろうと思って原因を調べてみたら、
どうやら「ピンチカット」という症状のようでした。

 

ピンチカットとは?

 

ピンチカットとは、タイヤが縁石などにぶつかった際に
その衝撃で内部が切れてしまい、タイヤの横の部分がふくらんでしまうことを指します。

Wikipediaによると、

ピンチカット(英:pinch cut)とは、タイヤ内部のカーカスコードが切れて、サイドウォールの一部が、空気圧により盛り上がってくることである。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88

と解説されています。

カーカスコードとはタイヤ構造を保持し、タイヤの骨格の役割を持つ部分、
サイドウォールとはタイヤの側面部分です。

「ピンチカット」とはもともと「指などをはさむ」という意味だそうです。

 

危険度はどのぐらい?

 

ピンチカットになってしまうと「いつバーストしてもおかしくない状態」です。
なので、超危険です。

ピンチカットを発見したら自走は決してしない方がいいです。

ということで、すぐにレッカー車をお願いしました。



 

修理はできる?タイヤ交換は必要?応急処置できる?

 

レッカー車で、いつもお世話になっているディーラーさんのところに車を運んでもらいました。
気になるのが修理が可能かどうかです。

残念ながらピンチカットは内部が切れている症状なので、
修理することは不可能です。

なので、タイヤ交換が必要です。

タイヤ交換にかかった費用はタイヤ代と工賃をあわせて14223円でした。
痛い出費ですが、安全には代えられません。

ちなみにレッカー車の費用は保険でまかなわれたので無料でした。

 

また、ピンチカットはタイヤ内部が切れている状態なので、
パンク修理キットでの応急処置はできません。

 

原因と対策。段差や縁石には気をつけて・・。

 

今回、ピンチカットでタイヤ交換になり痛い出費となってしまいました。
ピンチカットの原因は「タイヤ側面がなにかにぶつかること」ということで、
縁石などに勢いよく乗り上げてしまうことなどで起こるそうです。

ちゃんと安全運転をして、車を大事に乗り続けようと思いました・・・。

 

 

読んでいただいてありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です