海外在住日本人が見たヨーロッパでの新型コロナウイルス(covid19)のリアルな現状!!

今、全世界で猛威をふるっている新型コロナウイルス。
まさか2020年にこんなことが起こるとは思ってもみませんでした。

日本は今(3/29現在)、東京都や首都圏で自粛要請が出ていて
予断を許さない状況です。

海外、特に感染の被害が大きくなっているヨーロッパでは
どのような状況なのでしょうか。

現地での様子をアイルランド在住日本人ライターのKさんに
書いていただいたので、こちらに何度かにわけて掲載させていただきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全世界で猛威を奮う新型コロナウイルス。

昨年末に最初の報道があり、1月から感染者数、死者数ともに急増し、
現在もまだその勢いは収まることがありません。

私は、アイルランドでワーキングホリデー真っただ中なのですが、
1月に日本の友人から、
「コロナウイルスが広まってきていて、日本ですごくニュースになってるよ!!」
という話を聞きました。

しかし、その頃は、ヨーロッパではあまり話題になっておらず、
そこまで危機感を抱いていませんでした。

「まさかこんなに広まるなんて、、」というのが私の正直な今の感想です。

この記事では、私が直面している状況を
個人的な感想とともにお伝えしていきたいと思います。

 

欧州諸国感染者数急増!!在留邦人が見たアイルランドの現在の日常。

 

イタリアをはじめ、フランス、スペインとヨーロッパ諸国では
感染者数は日に日に増え続けています。

今、私の住んでいるアイルランドも同様に、すさまじいスピードで感染は拡大しており、
3月28日、遂に「ロックダウン」の発表がありました。

この発表がある2週間ほど前から、レストランやカフェ等の飲食店の休業が決まり、
カフェでパートタイムの仕事をしていた私は仕事を失いました。

その2週間は、政府の「外出自粛」要請に従い、ほとんどの時間を家で過ごし、
外出というと、スーパーへの買い出しと軽くエクササイズのため散歩程度でした。

 

アイルランドでの在宅ワークや政府からの補助について。

 

現在アイルランドのほとんどの企業は、在宅ワークに切り替えています。

そして、コロナウイルスが原因で仕事ができない人たちは、
「COVID-19 Pandemic Unemployment Payment」というもので、援助金申請ができます。

こういった点は、日本よりとても進んでいるな、と実感する点です。

この「ロックダウン」が決まって以降は、スーパーに長蛇の列ができるなどの事態は
発生していますが、今のところ異常に商品が品薄になるなどの問題はありません。
(ロックダウンが行われる数週間前に、一時買い占めが起こり、
トイレットペーパーや、乾燥パスタ、お米、冷凍食品などの品切れ状態がありました。)

こちらの人たちは、自分を守るだけでなく、周りの人を守るためにも外出は控えよう、
という意識を持っている人が多いように感じます。

 

 

マスクよりもビニール手袋?日本と違うヨーロッパでの感染予防。

 

日本では、マスクをすることが一番の予防、というイメージがありますが、
ヨーロッパ諸国では、マスクをしている人はあまり見かけません。

最近になり、マスクをする人が増えてきましたが、日本のように
「マスクをしてない人は悪だ!!」という感覚はないように思います。

こちらでの個々が心掛けている予防策としては、

・消毒用アルコールで手を除菌を使う
・家から帰ったら手洗いとうがいを徹底する
・バスやスーパーに行くときは、使い捨てのビニール手袋をつける
・握手はしない

などです。

もちろん今は、政府がアナウンスしたように、外出する時は人と距離をとる、
複数人では集まらない、そもそも必要不可欠な用事を除いて『外出は禁止』となっています。

そして、アイルランドの年に一度のビッグイベント、「セントパトリックデー」も
中止になってしまいました。(東京オリンピックも延期になりましたね)

海外は、あいさつの時に頬にキスをしたり、スキンシップが日本に比べて多いので、
感染しやすいという話を聞きますが、
今でも満員電車に乗って通勤している人が多い日本の方がなぜ感染スピードが
遅いのだろう、と不思議に思います。

このように、アイルランドの現在の状況ををご紹介しましたが、
「やはり海外と日本では違いがたくさんあるな」と日々感じます。

多くの人が、不安を感じ、自分や家族、知人が感染してしまった人は、
肉体的にも精神的にも苦しんでいる時期だと思います。

また、今どのニュースを見ても、ネガティブな内容や誰かを責めた攻撃的なコメントを
目にします。

私も、仕事を辞め、一大決心をして海外滞在を決めたので、
「やりたいこと、行きたいことがたくさんあるのに、なぜこのタイミングで、、。」と
悔しく思うこともあります。

ですが、今は一日のほとんどを家で過ごし、自分のために使える時間が多くあるため、
自分と向き合えるチャンスだなとも思っています。

日本でも週末外出自粛などのアナウンスがでて、「せっかく桜の季節なのに!!」
と思うかもしれませんが、家でできることを考えるのも楽しいものです。

みんながポジティブに健康に過ごせるといいですね。

 

アイルランド在住ライターK

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

Kさん、ありがとうございました。

海外在住の日本人の方は大変な思いをされていると思います。
もちろん現地のかたも大変です。
早く収束して、世界に笑顔が戻ることを心から願います・・・。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です