京都の料亭漫画「ながたんと青と」がおもしろい!ドラマ化してほしい!

相変わらず漫画が好きです。
今回ご紹介するのは、京都の料亭を舞台にした漫画、「ながたんと青と」。

ながたん?青と?と最初はタイトルの意味がわからなかったのですが、
読んでいくとわかっていきました。

それも書いていきますね。

 

目次

 

あらすじ・歳の差婚夫婦が料亭を建て直す。毎回美味しそうなレシピも!

 

舞台は戦後6年たった京都。
主人公は老舗料亭の長女、34歳の桑乃木いち日(いちか)。
お店の料理人を婿に迎えて、おかみとして料亭を切り盛りしていく予定でしたが、
結婚相手が戦争で亡くなってしまったため、
料亭を離れてホテルの料理人として働いていました。

そんな中、いち日の妹、ふた葉に縁談が持ち上がります。
相手は大阪のホテルの経営者の次男。

ですがなんと、お見合い当日、次男は急遽別の婿養子になることが
決まってしまい、あらわれたのは19歳の三男、山口周(あまね)でした。

 

しかも、ふた葉は若すぎる周との結婚を嫌がり、
前から好きだった料理人の慎太郎とかけおちをしてしまいます。

そしてなんと、ふた葉の代わりにいち日が周と結婚することになってしまいました。

 

ですが、周は初対面のときから「京都はまるでまだ戦争中のようだ。」とか、
京都人の大好きなハモを「ヘビみたいで気持ち悪い」とか言ったり、
印象は最悪です。

幸先がおもいやられる結婚ですが、周は美味しいものには素直でした。

ハモをバカにされて奮起したいち日が作ったハモのハンバーグを食べて、
美味しさにびっくりしていました。

 



15歳の歳の差婚はどうなるのか、
料亭は持ち直せるのか??

一巻では「お互いに好きな人がいる」と言って結婚した2人。
料亭は料亭で、料理人の戸川さんが突然やめてしまうなど、先は見えません。

この先どうなっていくのか、とても楽しみです。

 

周といち日。
最初は本当に周の印象が最悪です・・・。

 

ながたんと青と・感想。

 

とってもおもしろいです!!
磯谷友紀さんの漫画はほかに「本屋の森のあかり」と
「海とドリトル」を読んだことがあるのですが、
今回の「ながたんと青と」が圧倒的におもしろいです。

 

料理がおいしそう。レシピも毎回載っています。

いち日はフレンチの料理人でもあり、
料亭の料理人でもあるので(途中でホテルはやめてしまうのですが)、
和洋両方の美味しそうな料理が出てきます。

料理が美味しそうなのはもちろん、なにより食べたときの
登場人物が本当に美味しそうな顔をして食べるので
読んでいて幸せな気分になります。

作ったものを美味しそうに食べてもらうって
本当に幸せだよなーと思います。

レシピも毎回載っているので、それを見て作ることもできます!
(まだ作ったことはないですが。)

料理は毎回、プロの料理人さんが考えられているそうです。

 

 

昭和の雰囲気が懐かしくて好き。

また、時代が昭和20年代なのですが、
着物がたくさん出てきます。
着物が好きなので、とても楽しいです。

着ている着物の色合わせとかも、とってもかわいいのです。

また、周さんもよく着物を着ているのですが、
男の人の着物姿はとっても素敵だと思います!

たまにはんてんを着ていてかわいいです。

また、洋服は洋服でかわいいです。
扉絵とかでいち日がおしゃれな洋服を着ているのですが、
現代の洋服とはまた違った感じでとてもかわいいなと思います。

 

また、時代が昭和初期だからなのか、
空気がゆるやかで穏やかな感じがします。

毎日丁寧に暮らしを楽しんでいたんだろうなという感じで、
スマホもテレビもネットもない昭和初期が
少しうらやましかったりもします・・・。

お正月に国旗をかざして羽根つきを楽しんでいるシーンがあるのですが、
「おばあちゃんもお正月には国旗をかざしていたなー」と
おばあちゃんの家を思い出して懐かしくなりました。

 

舞台が京都なので、セリフがほとんど京都弁というのも、
柔らかくていいなあと思いました。



 

主人公の心の動きが見逃せない!

最初は「好きな人がいる」とお互いに納得してした結婚ですが、
時間を重ねるうちに2人の感情に変化が出てきます。

特に周は、別の人が好きだったはずが、
いち日のことがだんだん気になるようになり・・
読んでいてすごくおもしろいです。

 

また、ほかの登場人物も丁寧に描かれているので、
読んでいてすんなり入ってきます。

あー、こういうズケズケ言う人いるよな、とか
こういう強引にことを進める人いるよな、とか笑。

 

ながたんとは?青ととは?

 

ながたんとは、包丁のことだそうです。
いち日の前の夫がいち日に送ってくれた包丁が出てきます。

また、「青と」とは青唐辛子のことだそうです。
青臭い周を指しているそうです。

最初に見たときは「?」というタイトルでしたが、
この作品を読めば読むほど、味わい深いタイトルだなあと思います。



 

ドラマ化してほしい!

 

ながたんと青と、ぜひドラマ化してほしいです。
最近は漫画が原作のドラマも多いですし。

朝ドラ好きな人は、きっとながたんと青との世界が好きだと思うのです。

そしたらいち日と周は誰がやるのかな?
キャストを想像するのも楽しいです。

 

 

ながたんと青と、現在は4巻まで出ています。
最新話は講談社の月間漫画、KISSで読めます。

 

とってもおもしろいので、よかったらぜひ読んでみてください!

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です