茨城県民の日は学校が休みになる?2019年(令和元年)割引や無料になる施設もご紹介。

私は兵庫県出身だったので、初めて関東に来た際、
「県民の日」というのがあるのを知ってびっくりしました。

県民の日はなんと学校がお休み。
無料や割引になる施設もあるそうです。

茨城県県民の日について、由来などいろいろ調べてみました。

 

目次

 

茨城県民の日とは?2019年はいつ?

 

茨城県民の日はいつ制定された?何をする日?

 

茨城県民の日の由来は茨城県広報に記載してあります。

県民の日は1871(明治4)年に行われた府県の統廃合で
11月13日に初めて「茨城県」という県名が用いられたことにちなんで、

県民一人一人が郷土の歴史を知り、より豊かな生活と県の発展を願う日として
1968(昭和43)年に県の条例により定められました。

出典:http://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/kenmin/hibari/hibari-site/hibari201911/11tokusyu.html

 

茨城県民の日=茨城県の誕生日は間違い?実際の誕生日はいつ?

ちなみに、上の説明でもある通り、茨城県民の日は茨城県の誕生日ではなく、
「初めて茨城県という名称が用いられた日」だそうです。

実際に茨城県が誕生した日(茨城県の設置がされた日)は翌日の11月14日です。

ですが、いつの間にか混同してしまい、
1984年発行の県史には「11月13日に茨城県が誕生した」という記述があるそうです。
(出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150408-00000014-asahi-soci)



 

茨城県民の日=茨城県の誕生日の間違いが発覚したのは2015年

茨城県民の日が茨城県の誕生日だという間違いが発覚したのは
2015年だそうです。最近ですね!

少なくとも誤りの県史が出されたという1984年から30年以上間違っていたことがわかります。
その間、小学校でも「茨城県民の日=茨城県の誕生日」と教えられていたそうです。

ミスが発覚したのは2015年の高校入試問題によってです。
指摘したのは福岡県の塾講師のかたでした。

 

 今春の県立高入試の社会の問題文に「11月13日に現在の茨城県の範囲は新治県、印旛県、茨城県の3つの県に統合された」という記述があり、「出題ミスではないか」と福岡市の塾講師が指摘したことで発覚。ただ、県教委は「解答への影響はない」として、採点のやり直しなどは行わない方針という。

出典・産經ニュース https://www.sankei.com/region/news/150409/rgn1504090054-n1.html

 

茨城県の高校入試の問題のミスを福岡県の塾講師が指摘して発覚。
福岡県の塾講師のかた、すごいですね!
この福岡のかたは入試問題のミス発見をよくされているらしく、
2008年にはこのかたが大学入試のミスを指摘したおかげで
21人が追加合格となったこともあるそうです。

 

このかたの指摘後、県広報課は「誤解を招く表現があった」として、
県HPの県民の日の項目に記載されている11月13日について、
「県域に『茨城県』が置かれ、初めて県名が用いられた日」から
「初めて『茨城県』という県名が用いられた」に修正したそうです。

(誤解を招く表現があったのではなくて、県も誤解をしていたのでは・・・。)

 

ということで、県民の日は、毎年11月13日です。

 

学校は休みになりますが会社や保育園は休みになりません。

 

県民の日は学校がお休みになります。
これが、兵庫県出身としてはびっくりしました。

ちなみに兵庫県の日というのはありません。

全国的に見ると県民の日がないところも多く、
学校が休みになる県も首都圏の6県しかないそうです。



 

県民の日(都民の日)がお休みになる都県。千葉県や埼玉県など。

 

東京都 10月 1日
埼玉県 11月14日
茨城県 11月13日
千葉県  6月15日
群馬県 10月28日
山梨県 11月20日

関東近郊ばかりですね。
また、日にちも10月と11月が多いです。

初めて県名が使われた日などが県民の日(都民の日)になっているそうです。

学校はお休みでも会社はお休みにはならないので、
共働きだと大変ですね。

ですが、保育園だとたぶん県民の日もお休みではないので多分大丈夫と思います。
学童を開いてくれるところも多いそうです。

 

また、県民の日は祝日ではないので日曜日とかぶっても月曜日が振替休日にならないそうです。

 

ディズニーランドの割引チケットはある?

以前は県民の日デーというのがあった気がしますが、
2019年は県民の日の割引チケットは見つかりませんでした。

ただ、県民の日はお休みの都県の人で混むそうですので、
都県の日でもともとお休みという人以外は
6/15、10/1、10/28、11/13、11/14、11/20の平日は避けた方が良さそうです。

 

茨城県民の日に無料や割引となる県内・県外施設。

茨城県民の日は、茨城県内の施設が無料や割引となります。

袋田の滝や弘道館などの観光地から
さまざまな博物館や美術館、動物園など。
割引となる温泉もあります。

ぜひおでかけして、茨城県の良さを再確認したいと思います。

茨城県内外の無料・割引施設は観光いばらきのこちらのサイトをご覧ください。

茨城県のこちらのサイトもご覧ください。

 

浅草花やしきやムーミンバレーパークが入園無料や割引?

 

無料や割引になる施設は前述のリンク先にだいたい載っているのですが、
それ以外にも無料や割引になる施設を見つけたので載せていきますね。

 

浅草花やしき
東京都台東区
11月7日〜13日
入園無料

https://twitter.com/hanayashiki1853/status/1191596082255544320

花やしきは日本最古の遊園地だそうです。
行ってみたいです(^^)。

 

ムーミンバレーパーク
埼玉県飯能市
10月23日〜12月2日
入園料割引1500円→1200円
埼玉県・群馬県・茨城県・山梨県に在住、通勤、通学している人限定

チケット購入はこちら

ムーミンバレーパークは埼玉県飯能市にあるムーミンの世界を再現した
テーマパークだそうです。

オープンはなんと2019年の3月。
まだできたばかりですね。

公式サイトを見てみましたが、北欧の雰囲気でとてもステキでした。
行ってみたいです!

 

 

以上、県民の日の由来や割引や無料になる施設のご案内でした。

せっかく茨城県民だけがお休みの平日なので、
いろいろなところに行ってみたいですね。

読んでいただいてありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です