アナと雪の女王2の映画は子供は何歳から楽しめる?アナ雪1は3歳では怖がって無理だったけど・・。

アナと雪の女王2を公開初日に1人で見てきました。

今回、気になったのが「子供と一緒に見ることができるかどうか」。

実は2015年、アナと雪の女王1のときに
当時3歳だった子供は初めての映画を怖がってしまって、
開始10分ぐらいで出てきてしまったのです・・・・・。

もったいない。

なので、同じ後悔をする人が少なくなるように、
子供は何歳ぐらいから楽しめるかを書いていきますね。

 

 

 

目次

 

最初に結論。アナと雪の女王2は子供が見るのは無理?

 

12月1日のTOHOシネマズの映画の日に
8歳の子供と一緒に見に行ってきました。

アナ雪2は大人気で、たくさん上映されているのに
全ての回でほぼ満席。

3歳ぐらいの小さい子もたくさん見に来ていました。

ですが、ざっと見た感じでは
ほとんどの子が騒がずぐずらず途中退場せず、
最後まで見ることができていました。

 

以前、うちの子はアナ雪1を3歳で見たとき、10分もしないで
怖がって出てきてしまったのですが、
初めての映画だったからなのかなと思います。

ですがこのときも、ブログを読んでいると
「3歳の子どもと一緒に楽しんできました!映画館は子連れがたくさんいました!」
という記事をたくさん見ました。

 

じゃあ、うちの子はどっち?
楽しめるの?楽しめないの?というのが
映画のチケットを買う前に知りたいですよね(笑)。

大丈夫です。ある程度わかります。

家で同じような子供向け映画のDVDを見せてみればいいのです。

予習も兼ねて、アナと雪の女王1を一緒に見るのもいいと思います。

DVDを最後まで見ることができたら、
映画も大丈夫だと思います。

(ただ、後述の通り、アナと雪の女王2は前作よりも重い、
難しいという意見も多いので、1を問題なく楽しめても
もしかしたら途中で飽きてしまう可能性はあります・・。)

 

子供が楽しめないポイントをいくつか書いてみますね。



 

①映画の内容や演出を怖がる。

うちの子がこれでした。

映画って、音が激しかったり、怖い場面があったり、
大人なら全然大丈夫でも、子供は怖がってしまうということがあります。

アナと雪の女王の映画は、
まずは予告が怖かったんです。

なんの映画の予告だったか忘れてしまいましたが、
映画自体は怖くなくても、怖い映画の予告をするのは
やめてほしいなと思います。ほんとに。

 

ということで、予告のせいで最初から怖がりモードになっていました。

アナと雪の女王の本編が始まったら、
ガタイのいい男たちが威勢良く氷をかき出すシーンでした。

これも怖がっていました。
このときの音楽も激しかったです。

 

せっかくチケットを買ったので
なんとか最後まで見せようとしましたが、
結局アナとエルサの両親が乗った船が沈んでしまったところで
「もう無理・・・。」と涙ながらに訴えられて
あきらめました。

ああ残念。

 

うちの子供たちは2人とも怖がりです。

 

・千と千尋の神隠しの両親が豚になるシーンが怖くて無理。

・となりのトトロのトトロがメイに向かって「ぐわーーーー」という場面が怖くて無理。

・映画ドラえもんのびたの魔法も内容が怖くて無理。

 

 

うちの子たちは怖がりです。少数派なのかな・・。

逆に、上記のシーンが全然大丈夫なら、
アナと雪の女王2の映画も楽しめると思います。

 

②映画の長さに飽きてしまうかも。上映時間の確認が大事。

怖いのは大丈夫でも、映画の長さに耐えられないという場合も
見ることができません。

ちなみにアナと雪の女王2の上映時間は105分ですが、
予告などを含めると115分かかります。

2時間弱なので、小さい子だと性格によっては厳しいかなと思います。

 

 

アナと雪の女王2の怖い場面。

 

アナと雪の女王2で怖い場面はたくさんありました。

今下の子は小1ですが、まだ怖がりなので
多分耐えられません。

というか、大人の私もちょっと怖かったです。



 

地の精霊が怖い。

地の精霊は巨大な岩のゴリラです。普通に怖いです。

 

暗い海で目が光る馬(水の精霊)がエルサを襲ってくる。

これも怖いです。これはうちの8歳の子も耐えられないかも。

 

壊れた難破船が出てくる。

難破船も怖いですよね・・。

 

最近の映画って怖いものを本当にこわく描くので
怖がりの子供は見られなくて大変です・・・って
うちの子が特に怖がりなのかもしれないですが。

 

チケットを無駄にしないためにも
いきなり映画館に行くのではなくて、
まずは家でほかの映画のDVDを見て予行演習しておくの大事です。

アナと雪の女王なんて子供向けのディズニー映画だったから
まさか怖くて見られないなんて・・とショックでした。

 

他の人の感想。子供には難しい?退屈?

 

ツイッターで他の人の感想を見てみましたが、

「子供には難しいかも」
「前作と違って子供には重いかも」

という声がたくさんあがっていました。

 

 

 

 

 

https://twitter.com/totopon71/status/1199650542366019585

 

 

ですが、「子供でも楽しめた」という内容もちらほらあがっていたので、
映像のきれいさとかに魅了されてちゃんと楽しめる場合もあると思います。

ちなみにお隣の女の子は3歳ぐらいでしたが、
途中何度か疲れちゃったのかな?と思うことはありましたが、
最後まで見ることができていました。

 

英語版じゃなくて吹き替え版を見よう。

子供が小さいうちは絶対に吹き替え版を見た方がいいです。

字幕を読むのって小さい子には難しいですし、
漢字がばんばん使われているので読めないんですよね。

字幕を選んでしまうと、子供からのブーイング必至です。

子供に合わせて吹き替え版を選んであげるといいと思います。

吹き替えなら難しく感じないかもしれないですしね。

 

 

アナ雪2の新キャラ、トカゲのサラマンダーがかわいい。

かわいいビジュアルのこのトカゲ。
アナ雪2の新キャラとして人気が出そうですね。
サラマンダーといいます。

 

アナと雪の女王の映画を怖がらずに楽しめるお子さんなら、
こんなかわいいキャラが出てくるので
きっと夢中になるのでは?と思います。

 

サラマンダーが何者か?はネタバレになってしまうので、
ぜひ映画で確かめてみてください(^^)。

 

以上、アナと雪の女王2は子供は何歳から楽しめる?でした。

 

映画は、アナとエルサの祖父の代からたくさんの内容が盛り込まれていたので、
ぜひ映画館で見てみてください。
2回目を見ましたが、1回目よりも楽しめました。

 

読んでいただいてありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です