予約不要で無料の小滝沢キャンプ場(関東・茨城)に子連れ旅の下見をしてきました。

我が家はキャンプが好きなのですが、暑いのが苦手です。
キャンプは実は夏はとっても暑いのです。
もうすぐ本格的な夏が始まりますが、それでもキャンプがしたい。
そんなに遠くなくて涼しいキャンプ場はないかなと探していました。

そしたら、茨城県の花貫渓谷というところにある
小滝沢キャンプ場というところが川沿いのキャンプ場だったので、
涼しいかもしれないと思いました。

小滝沢キャンプ場は無料のキャンプ場なので予約はできません。
行ってみたけど場所が空いてなかったということになったら嫌だし、
実は無料のキャンプ場を利用したことがないので
どんな感じなのか一度下見に行ってみようと思って
この間行ってきました。

そのときのことを書きますね(^^)。

 

    目次

 

 

予約不要で無料の小滝沢キャンプ場。茨城県高萩市の花貫渓谷にあります。

 

小滝沢キャンプ場は茨城県高萩市の花貫渓谷というところにあります。
ここは、アクセスもいいので東京からもわざわざお客さんが来るそうです。

他の人のブログを読んでいると、
「まるで屋久島に来かたのように錯覚する」と書いてありましたが
本当でしょうか・・・(^^;)??

ちなみに先に結論を書いておきますと、
下見に行ってみましたがファミリーキャンプ初心者、とりあえず我が家には向かなさそうだと思いました。

 

小滝沢キャンプ場,茨城,無料キャンプ場

キャンプ場の東屋。雨宿りに便利そうです。

 

 

アクセス。水戸市、ひたちなか市から1時間、東京から2時間15分。

 

茨城県からのアクセスは水戸市からもひたちなか市からも
高速を利用して1時間弱です。
(どちらも市役所を起点にして調べています)

また、東京(都庁)からも2時間15分ぐらいです。
高速道路の日立北インターを出てから20分ということで
首都圏からも来やすいです。

 

駐車場は土岳の登山客も利用します。

 

一番近い駐車場はキャンプ場からすぐのところにあります。
10台分ほどありましたが、
下見に行ったときは平日なのにもう後一台分しか空いていませんでした。

土岳登山のかたも同じ駐車場を利用するみたいなので、
休日だと、少しでも出遅れるとここに停めるのは難しそうです。

ちなみに、ここの駐車場が空いていないと、
道路を渡って、かなり遠いところにある駐車場を利用することになります。

(実際は路駐している車も多いみたいです。)

 

小滝沢キャンプ場,茨城,無料キャンプ場

 

 

 

トイレや炊事場、水場

 

トイレは、2017年にできたばかりというものすごくきれいなトイレがありました。
川の反対側にあるので少し遠いです。

小滝沢キャンプ場,茨城,無料キャンプ場

キャンプ場から見たトイレ棟です。
川の向こう側にあります。
橋を渡って行きます。
川の石を渡れば近道できそうですが、川に落ちそうなのでやめました。

 

無料のキャンプ場なのに炊事場もあり、水場もあります。

お風呂やシャワーはないです。

 

 

築250年・20代続く美人の湯・横川温泉「山田屋旅館」で日帰り入浴できます。

 

お風呂がキャンプ場にないので、
近くに日帰り温泉はないかなと思って調べてみたら、
消費税入湯税込みで500円で入れる温泉旅館がありました!

小滝沢キャンプ場から車で16分のところにある、
横川温泉「山田屋旅館」というところです。

ここはなんと、築250年の建物を2017年にリニューアルしたそうです。
現在の館主は20代目だということで、ものすごく歴史がある旅館だそうです。

1753年から営業しているそうで、温泉は美人の湯と言われているそうです。

実は下見のときにはこの温泉のことを知らなくて、
帰ってきて調べてみてここを知ったのですが、
250年の歴史を誇る温泉旅館にたった500円で日帰り入浴できるなんて、
キャンプのときじゃなくても、ここだけでもぜひ行きたいと思いました。
近いから今度絶対行こう。

日帰り入浴は10時から19時までだそうです。
(実際行かれる際は直接ご確認ください)。

 

 

混雑具合。平日でもにぎわっていました。GWや休日は厳しそう

 

無料で予約ができないということで、気になるのが混雑具合。
下見に行ったのは平日なのですが、平日なのに6組ぐらいのかたがテントを張っていました。

平日でこれだったら土日はもっと混むんだろうなと思いました。
調べてみたところ、早朝5時半でも空いている場所はほとんどないとか、
ゴールデンウイークの混雑ぶりがすさまじいとかで、
快適なサイトをゲットするにはかなり気合いが必要だと感じました。

 

 

 

ここはソロキャンパーやベテラン向き(思い切り主観です)。

 

下見に行ってみましたが、
ここはファミリーキャンプ初心者というか、とりあえず我が家には厳しそうです。

 

理由は2つあります。

まず一つ目が、キャンプサイトを取れるかどうかやきもきするのが嫌だということです。

個人差があると思うのですが、
我が家、特に私ですが、キャンプサイトを取れるかどうかやきもきするのが
本当に嫌なのですよね。

サイトがあいていなかったらキャンプをあきらめればいいやとは思えません。
数千円払ってテントサイトが必ずある安心感を得られるならそうしたいと思ってしまいます。

 

もう一つが、休日がものすごく混雑しそうということです。

またまた我が家(私)の事情なのですが、
キャンプをするときにある程度のスペースとプライベート空間が欲しいのですよね。

ですが、プライベート感が得られそうなサイトは狭くて、
我が家のテント(スノーピークヴォールト)は張れなさそうです。

そして最近の小滝沢キャンプ場の休日の写真を見るとギュウギュウ・・。

 

せっかくキャンプに行くなら周りとある程度離れられる区画サイト、
またはフリーサイトだったら広々とした場所がいいということで、

ファミリーキャンプ初心者の我が家にはちょっと厳しそうだと思いました。

 

でもこれは下見に来ての感想なので、
一度休日にデイキャンプで来てみてどんな感じか見てみようかなと思います。

 

ただ、テントが小さくてすむソロキャンパーさんとか、
家族連れでも小さめのテントを持っているベテランさんとかだったら
無料だしここはすごくいいんだろうなと思いました。

 

平日に訪れたときはベテランぽいキャンパーのかたが
楽しそうに時間を過ごされていて、いいなーと思いました。

将来は夫婦で平日にこういうキャンプがしたいなと思いました。

 

 

ということで、小滝沢キャンプ場の下見レポートでした!

川沿いで涼しそうなキャンプ場なので、
混雑しなかったとしたらものすごくいいだろうなというキャンプ場でした。

 

 

 

注意点。紅葉祭りの期間中はキャンプ・バーベキュー禁止です。

 

最後に小滝沢キャンプ場の注意点です。
紅葉祭りの時期はキャンプ、バーベキューともに禁止です。

紅葉祭りの時期は11月頃で、この時期は駐車場も有料になるようです。

 

 

吊り橋での注意点。携帯を落とさないように・・・。

 

キャンプ場の近くに、歩いて10分ほどで行ける吊り橋があります。

この吊り橋、足下がめちゃめちゃスキマだらけなので、
うっかり携帯を落としてしまわないように気をつけてください!

落としてしまったらその携帯はたぶん助かりません・・・。

 

 

花貫渓谷,吊り橋




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です