GWに青森のキャンプ場「つがる地球村」に子連れキャンプに行ってきました!

今年のゴールデンウイークはなんと10連休でした!
せっかくなので家族でどこかに行きたいなと思ったのですが、
なにしろ10連休。

どこも混んでるだろうなあ・・と思って、
予定をなかなか立てられずにいました。

 

そのうちに、ゴールデンウイークもどんどん迫ってきて、
どこか行くなら予約を早めにしないと・・と焦ってきました。
でもかつてない大型連休だから、どこも混んでいるに違いない・・。

 

ですが、主人が、
「東北のキャンプ場なら、まだ寒いから人が少ないんちゃう?」と言ったので、
東北のキャンプ場を調べてみました。

せっかくなら、行ったことがない青森に行きたいなと思いました。
主人は、東北キャンプは独身時代に何度も行ったことがあるらしいのですが、
青森はとってもいいところだといってお勧めしてきました。

ということで、青森キャンプ!


ゴールデンウイークでも開いていて、
寒さ対策としてちゃんと電源サイトがあって、
子どもが楽しめる遊び場も近い青森県のキャンプ場を探し出しました。

そして、実際に今年のGWに行った青森のつがる地球村というキャンプ場が
素晴らしくいいところだったので、
その記事を書こうと思います(^^)。

 

  目次

 

 

青森でゴールデンウイークも営業しているキャンプ場「つがる地球村」

 

青森で、ゴールデンウイークも営業していて
電源サイトがあるキャンプ場をいくつか探してみました。

 

候補が、

○AC電源付きサイト1500円と激安の「小川原湖ふれあい村キャンプ場」(4月〜10月)
○スキー場を春から秋までキャンプ場にしている「モヤヒルズキャンプ場」(4月下旬〜10月末)
○岩木山が一望できて、敷地内に温泉がある、「つがる地球村キャンプ場」(4月13日〜)

 

とありました。

家族4人分の電源付きサイトの一泊料金は、
小川原湖キャンプ場が1500円、
モヤヒルズキャンプ場が4000円、
つがる地球村が4644円です。

 

 

どこもそれぞれ良さそうだったのですが、
小川原湖ふれあい村キャンプ場は青森観光に少し不便かも。
モヤヒルズキャンプ場はもともとスキー場なため、風が心配。

ということで、

「つがる地球村キャンプ場」を選びました!

青森市にも弘前市にも近くて観光のアクセスが良かったことと、
調べたときに「風が強い」という情報がなかったからです。
キャンプ地での風は雨よりもやっかいですから・・・。

 

また、つがる地球村キャンプ場は、敷地内に温泉があったことや、
子どもが遊べる施設があったことも決め手になりました。

後で詳しく書きますね!

 

ちなみに、モヤヒルズキャンプ場は電源サイトが100以上あるらしくて、
ゴールデンウイークでも予約不要で泊まれますよと言われました。

お盆の時期で、どこも予約が取れない場合でも安心だなと思いました。
ここも素敵なキャンプサイトのようなので、いつか行ってみたいです。

 

 

 

つがる地球村へのアクセス。浪岡ICから40分。GWは積雪による交通規制に注意

 

次に、つがる地球村キャンプ場へのアクセスです。

つがる地球村,アクセス,青森キャンプ場,東北キャンプ

手書きの地図ですが(^^;)。

 

つがる地球村へのアクセスは、
普通に行けば東北自動車道の浪岡ICから車で40分です。

ですが、我が家がゴールデンウイークにキャンプに行ったときは、
一週間ほど前に寒波が来ていた影響で、
雪が積もって東北自動車道の青森県の一部が閉鎖されていて
高速浪岡ICに行くことができませんでした・・・。


なので、北上ジャンクションから秋田自動車道に入り、
秋田経由で終点の能代南で高速を降り、
左側の海岸線沿いの道を走ってキャンプ場に向かいました。

 

つがる地球村キャンプ場へ行くまでに、
我が家は途中でお昼ご飯を食べたり買い物したりしたので
時間がかかりましたが、
どこにも寄らずにまっすぐに行ったら、
北上ジャンクションからキャンプ場まで4時間20分ぐらいかかるそうです。

東北道が使えたとすると、
北上ジャンクションからキャンプ場までは3時間弱で着くそうです。

東北道が積雪による交通規制で使えず秋田経由で行ったので、
1時間20分ぐらい余計に時間がかかってしまいました。

ゴールデンウイークに青森に旅行に行かれるかたは
余裕を持った旅程をたてられることをおすすめします。

ちなみに、高速道路は積雪による交通規制がかかっていたので
キャンプ場も寒いのかなと心配しましたが、
同じ青森でも場所がだいぶ違うので、
キャンプ場は真冬ほどは寒くなく、快適に過ごせました。

 

また、秋田経由で向かったためかなり遠回りになりましたが、
途中で、青森県といえばここというぐらい有名な海沿い露天風呂の
「不老ふ死温泉」に入ることができました。

東北自動車道からだいぶ離れているので
こういう機会でもないと行かなかったと思うので
行けて良かったです(^^)。

 

 

 

電源付きキャンプサイトはこんな感じ。トイレもきれいな洋式でした。

 

つがる地球村,青森キャンプ場,子連れキャンプ,東北キャンプ,GWキャンプ

 

キャンプサイトはこんな感じです。
テントとタープを広々と張ることができました。

 

 

つがる地球村,青森キャンプ場,子連れキャンプ,東北キャンプ,GWキャンプ

キャンプサイトから見たようすはこんな感じ。
ゴールデンウイーク初日に行ったので、
まだほとんど埋まっていませんでした。

 

電源も、雨が降っても濡れない構造になっていて安心でした。

キャンプサイトから、「津軽富士」と言われる岩木山がきれいに見えました。
また、ゴールデンウイークの時期に行ったので、
桜が満開でとってもきれいでした(^^)。

 

つがる地球村,青森キャンプ場,子連れキャンプ,東北キャンプ,GWキャンプ

桜が満開です!

 

 

つがる地球村,青森キャンプ場,子連れキャンプ,東北キャンプ,GWキャンプ

岩木山がきれいに見えました。

 

炊事場もきれいでしたし、トイレも清潔でちゃんと洋式トイレがありました。
うちの下の子が、まだ洋式トイレじゃないと嫌だと言うので、
トイレはすごく重要なのです。

子連れキャンプはお子さんの年齢によっては洋式トイレがあるかどうかも重要ですね。

 

 

 

つがる地球村にある温泉「藤山邸」が最高すぎました!

 

つがる地球村は、キャンプ場以外にもいろいろな施設が揃っています。

特に感動したのが、キャンプ場と同じ敷地内にある
「藤山邸」という温泉です。
大人500円、こども250円で利用できます。

この温泉の泉質がすごくいい!
トゥルっとしていてとっても気持ち良くて、
本当に癒されました。いつまでも入っていられそうでした。

温かさもちょうど良くて、体がぽかぽかあたたまって、
この温泉があれば真冬キャンプでも行けそう!と思いました。
(実際は4月中旬にオープンなので、真冬キャンプはできないのですが・・)

館内もきれいに掃除されていました。

そして感動したのが受付の人の優しさ!

温泉の場所は研修施設とつながっていて
どこにあるのかわかりづらかったのですが、
道を聞いたら受付の人が満面の笑顔で教えてくれました。

次の日、子ども達が公園への道を聞いたときも
すごく優しく教えてくれて感動しました。

今回のキャンプで、青森の人はとっても優しいという印象になりました(^^)。

 

恐怖の垂直滑り台もゴーカートも楽しめるつがる地球村内のアスレチック公園

 

つがる地球村に行ったら、絶対にやりたいことがありました。

それは、マツコデラックスさんと関ジャニ村上さんの
「月曜から夜ふかし」という番組で、
「怖すぎる滑り台」として紹介された、
恐怖の垂直滑り台を滑ることです!

つがる地球村に、ほぼ垂直で、高さが5メートルほどもある滑り台があるらしいのです。

そこに実際に行って、がんばって私も滑ってきましたー!

 

 

 

その滑り台は、キャンプ場から5分ほど歩いたところにある
「遊びの国」というエリア内の公園にあります。

 

つがる地球村,滑り台,青森

これです。よくこんな滑り台を作りますね・・。青森すごいです。

 

 

つがる地球村,滑り台,青森

ほぼ垂直です・・。

 

 

つがる地球村,滑り台,青森

真上から見るとこんな感じです。足がすくみます。

 

 

つがる地球村,滑り台,青森

上の子が、勇気を出して滑りました!

 

 

つがる地球村,滑り台,青森

下の子も続いたー!

 

 

 

 

写真はないですが、主人も滑りました。

我が家で私だけ滑ってないのは情けないから嫌だ。
でも怖い〜。

滑り台のところで何度も躊躇しましたが、
ここの滑り台に来れるチャンスはめったにないと思って、
勇気を出して滑りましたー!

 

つがる地球村,滑り台,青森

この体勢になったらもう後に引けません。

 

つがる地球村,滑り台,青森

滑りましたー!

 

ちなみに、3回滑りましたが、
3回とも毎回怖かったです(^^;)。

 

あと、大人で滑っている人はほとんどいませんでした(^^;)。
(下から、「〇〇ちゃん早く滑りなさいよー」と言っている親御さんはたくさんいましたよ・・。
自分でも滑ってみればいいのにな〜、楽しいから。)

 

滑るときに摩擦で服が破けてしまう人も多いそうです。
気をつけてくださいね!!

 

 

また、遊びの国の公園は、恐怖の滑り台以外にも
楽しい場所がたくさんありました。

ゴーカートやパターゴルフや変わり自転車などです。

 

400円で借りられて、敷地内を3周できる4人乗りの自転車を借りて、
家族みんなでこぎました。

津軽富士と言われる岩木山も見られて、とっても楽しかったです。

 

つがる地球村,東北キャンプ,青森

変わり自転車をこいでいるときに見えた景色です。
右のほうに、さっき滑った恐怖の滑り台も見えます。

冠雪した岩木山と、満開の桜のコントラストがとってもきれいでした。

 

 

 

つがる地球村周辺の観光。岩木山神社やねぶた資料館ワラッセなど

 

つがる地球村は、弘前市まで40分、青森市まで60分です。

弘前市ではレトロ建築やリンゴを使ったフランス料理が有名だそうです。
今回は桜のシーズンだったので、混雑が心配で行かなかったのですが、
次回はぜひ観光したいです。

青森市へは行きました。

年中ねぶた祭りが体験できるワ・ラッセというねぶた資料館
青函連絡船の歴史を伝える八甲田丸という船の資料館
世界遺産登録申請中の縄文遺跡、三内丸山遺跡に行きました。

どこもとても良かったです。

ですがまだまだ時間がなくて行けなかったところもたくさんあるので、
そのうちぜひまた青森に行きたいです。

 

また、つがる地球村は岩木山のふもとにあるので、
岩木山神社もすぐに行けます。

今回、最後の日に行きましたが、空気が良くてとても素敵なところでした。

 

その他つがる地球村の魅力。ペット可キャンプサイトあり&コテージ利用なら手ぶらでOK!

 

これまで紹介してきたつがる地球村キャンプ場の魅力。


温泉は最高だし、子ども達が喜ぶアスレチック公園も充実しています。
弘前市や五所川原市、青森市へのアクセスがいいというところも魅力的です。

ですが、つがる地球村の良いところはこれだけじゃないのです。

つがる地球村のキャンプ場にはなんと、ペット可のエリアがあります。
必ずつないでおくこと(放し飼いにしないこと)などの制限はありますが、
ペットを飼っていらっしゃるかたには
高規格キャンプ場でペットとキャンプができるというのはいいですよね。

 

また、つがる地球村は施設が充実しています。

少し割高にはなりますが、コテージを利用して
敷地内のレストラン「ライアン」を利用すれば、
着替え以外ほぼ手ぶらで行けますね!

 

つがる地球村、とっても素敵なところでした。
ここはとても人気があるキャンプ場だそうです。

次に青森に行くときにも、ぜひまた利用したいキャンプ場でした(^^)。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です