輸入住宅に住んで7年目。後悔していることや、メリット・デメリットなど

新築で輸入住宅を建てて7年目になりました。
7年住んでみて感じた輸入住宅のメリットやデメリット、
後悔している点などを
これから家を建てることを検討しているかたに向けて
すべて書いていきますね。

 

目次

 

輸入住宅を建てた後、7年住んでみての全体的な感想。

 

輸入住宅に住んで7年目ですが、
とっても満足しています!

家がですね、とってもおしゃれなのです(^^)。

人生のかなりの時間を過ごす空間ですから、
自分好みの空間にしていることは大事です。

私は自宅でお仕事しているのですが、
細部までこだわった素敵な家で過ごしていると
本当に「家を建てて良かったな〜。」と思います。

 



 

輸入住宅とは?

 

一般社団法人「輸入住宅産業協会」によると、輸入住宅の定義は

「海外の設計しそうによる住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」だそうです。

「海外の思想」というのが入っているのですね。

輸入住宅といってもさまざまで、
アメリカのお金持ちが好みそうな重厚で高級な感じの輸入住宅もあります。

ですが、私はプラスワンリビングのようなおしゃれな感じが好きなので、
そんなイメージの家作りをしている工務店を探しました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PLUS1 Living 105 (別冊プラスワンリビング)[本/雑誌] / 主婦の友社
価格:1382円(税込、送料別) (2019/9/10時点)

楽天で購入

 

 

 

 

輸入住宅に決めた理由。

 

輸入住宅に決めた理由は、
オープンハウス(新築展示会)に行ったとき、
そこのおうちがおしゃれすぎたからです!

もう一目惚れでした。
まさにビビビ婚。

タイルのキッチン、おしゃれな色使い、
レンガ張りの壁・・・とステキ要素がてんこもり!

 

その後何軒かほかの候補を検討しましたが、
輸入住宅のときめきが忘れられず、
そこの工務店で家を建てることにしました。

 

メリットとデメリット。

 

輸入住宅で家を建てた場合のメリットとデメリットを考えてみました。

 

メリット・外観やキッチンやリビングがおしゃれ。

これは、輸入住宅の一番のメリットではないでしょうか。
本当におしゃれです。

ほかは、夏涼しく、冬温かいです。
特に冬のあたたかさ!
床は無垢のパイン材にしているのですが、
床暖房いらずのあたたかさです(^^)。

 

デメリット・ベランダがちょっとせまい?

デメリットは特に感じませんが、
しいてあげるとすればベランダが少し狭いかもしれません。
ですが、気になるほどではありません。

また、お風呂とかを外国製のものにしてしまうと
何かあったときにメンテナンスが大変だと思いますが、
うちはお風呂は普通にリンナイ製なので
今後もし何かあった場合でも「部品がない」とかの心配がなく、安心です。

お風呂とかキッチンも輸入しているのか、
そこは日本製品を使っているのか、
家を建てる前にぜひ確認してくださいね。



 

失敗した点・後悔していることは?

 

後悔していることですが、
これは、輸入住宅とまったく関係ないのですが

「ガス併用にしておけば良かった!」

ということです。

 

特になにも考えずにオール電化にしてしまったのですが、
やっぱりガスオーブンに憧れるし、
ガスファンヒーターなら給油いらずだし、
今さらながら、ガス併用にすれば良かったと軽く後悔しています。

 

輸入住宅にしたことに関する後悔は特にありません(^^)。

 

 

というわけで、輸入住宅に住んでみて7年目の感想でした。

家は生活の土台となる部分ですので、建てられる際は
こだわって心地よい好みの家にされることをおすすめします。

輸入住宅じゃなくて最近はおしゃれな家を建てられる工務店が増えてきています。
自分好みの家にしたら幸せ度が上がります(^^)。

 

家作りしたいけど、近くにどんな工務店があるのかわからないな〜というかたは
予算やアフターサービスなど、さまざまな観点から近くの工務店を比較できる
こちらのサービスがおすすめです!



ハウスメーカー・工務店を比較

 

我が家が家を建てようと思ったときはこどもがまだ0歳で出歩くのが大変だったので
あまり比較検討できませんでしたが、
自宅にいながら資料請求できるというのはすごくありがたいなと思います。

できればとことん比較してみたいですもんね(^^)。

 

家作りは、動いてみると意外ととんとん拍子に進んでいったります。
「いつか持家を・・」と望まれている方は
お気軽に資料請求してみてはいかがでしょうか。

家作りは、資料を見ながら「どこで建てようかな〜」と妄想しているうちから
とっても楽しいです♪



 

 

それでは。読んでいただいてありがとうございました(^^)。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です